トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

和泉、驚異の回復

2017年4月26日 紙面から

群馬戦に向けて調整するMF和泉(中)=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで(青山直樹撮影)

写真

 J2名古屋グランパスのMF和泉竜司(23)が25日、群馬戦でのスタメン復帰へ闘志を燃やした。和泉は1日の熊本戦で負傷し全治6週間と診断されたが、3週間後の22日に山口戦(パロマ瑞穂)に途中出場した若武者は、群馬戦でのフル出場に照準を合わせた。チームは同日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで練習した。

 誰もが驚く驚異の回復力だ。和泉は1日に右膝の側副靱帯(じんたい)を損傷し、受けた診断は全治6週間。復帰はゴールデンウイーク明けと見られたが、22日の山口戦の前半28分からピッチに立った。わずか3週間のスピード復帰だった。

 和泉は「痛みは時々出るくらいで、そんなに気にならない。山口戦も70分間くらい出られた。無理してるわけじゃないし、90分間でも大丈夫」。この日の練習で主力組のボランチに入り、群馬戦でのスタメン復帰が濃厚だ。

 今季は負傷前まで全試合でフル出場し、風間監督もその能力を高く評価していた。離脱は本人にとっても痛恨で、早期復帰のためにあらゆる手を尽くした。旧知のトレーナーに膝の状態を見てもらい、助言も受けた。その中で秘薬となったのが、まさかの「水」だった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ