トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

青木、定位置取り猛アピール

2017年4月24日 紙面から

ドリブルで敵陣に切り込む青木亮太(左)=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで(長森謙介撮影)

写真

 J2名古屋グランパスは23日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで、FC伊勢志摩(東海社会人リーグ1部)と練習試合を行い4−1で勝った。左ハーフで先発したMF青木亮太(21)が2ゴール1アシストと活躍し「(トップチームの左ハーフを)狙っていく」と宣言。杉本や杉森らが代わる代わる起用されてきたポジション争いに割って入る。

 定位置取りに燃える21歳が猛アピールだ。青木が持ち味を存分に発揮し、充実した90分を過ごした。

 最初の見せ場は前半9分。敵陣深くの左サイドでパスを受けると、中央へ切り込み、右足を振り抜いた。「うまくミートできた」と本人も納得の一撃は豪快にゴールネットを揺らした。

 同41分には古林の右サイドからのクロスに反応。GKとの1対1を冷静にかわして2点目を挙げると「今日は自分で仕掛けられた」と試合終了間際に敵陣にドリブルで持ち上がり前線へ絶妙なスルーパス。チームの4点目をアシストした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ