トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

「このコースは、経験が必要」石川遼は腹痛の遅れを取り戻せず「今年のヤーデージブックは取り置いて”復習”」来年以降も参戦で雪辱!

2020年2月24日 15時55分

石川遼(AP)

写真

◇メキシコ選手権<最終日>23日・チャプルテペックGC

 【メキシコ市テッド・ムース】6打差9位からの松山英樹(27)=レクサス=は終盤追い上げて6バーディー、2ボギーの67。通算13アンダーまで伸ばし、6位に入った。トップ10入りは2週連続。優勝は通算18アンダーにしたパトリック・リード(米国)で、米ツアー通算8勝目、世界選手権シリーズは2勝目。2年連続日本ツアー賞金王の今平周吾(27)は通算5オーバーの61位、石川遼(28)=カシオ=は通算12オーバーで68位だった。

 石川は要所でパットを決めきれず、4バーディーを奪いながらボギーも4つで最終ラウンドはイーブン止まり。腹痛に苦しんで初日80を打った大きな出遅れを取り戻せないまま終わった。ただ、体調はほぼ戻っており「特にドライバーは4日間積み重ねてきたものが出せた」と表情は明るい。「(標高の高い)このコースは、経験が必要。今年のヤーデージブックをとっておいて、このホールは何ヤード飛んだとかを覚えておきたい」と、来年以降の参戦にも意欲。次週はホンダ・クラシックに推薦出場する。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ