トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

松山英樹、ラウンド直後ファンに右手を強く引っ張られヒヤリ…痛みも大事にはならず 米男子ゴルフ57位でぎりぎり予選通過

2020年2月15日 21時46分

松山英樹(AP)

写真

▽ジェネシス招待▽14日、米カリフォルニア州パシフィックパリセーズ、リビエラCC(7322ヤード、パー71)▽賞金総額930万ドル、優勝167万4000ドル▽120選手

 松山英樹(27)=レクサス=は1イーグル、2バーディーを奪いながらボギーを5つたたいて72と1つ落とし、通算1オーバーの57位。カットラインぎりぎりで決勝ラウンドに進んだ。ラウンド後はファンに右手を強く引かれて痛みを訴え、周囲をヒヤリとさせた。タイガー・ウッズ(米国)も通算イーブンの45位で予選を通過した。

 プレーを終えた直後の松山に緊張が走った。18番をホールアウトしてクラブハウスに向かう途中の階段で、ファンの女性から握手を求められた際、差し出した右手を強く引っ張られた。女性は一緒に写真を撮ろうとしたようだが、突然のことに松山は右肩から上腕にかけて痛みを訴えた。

 昨年2月のプロ野球では、中日の沖縄・北谷キャンプで松坂大輔投手(現西武)がファンから右腕を引っ張られ、その後の調整に影響が出た例がある。松山はツアー側に事態を報告、女性は事情を聴かれた。幸い、大きなけがにはならなかったようで、松山はその後に練習グリーンでパッティングを調整した。

 プレーもすっきりしない内容で、18番のバーディーで辛うじてカットラインをクリアした。生き残ったとはいえ、出場2戦続けてぎりぎりでの決勝行き。「こんなところで(予選を)通る想像はしていなかった。ショット自体はだいぶよくなってきてるが…」と笑顔はなし。手を引っ張られたことについてはコメントしなかった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ