トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

松山17位浮上 イーグル発進も「バック9が…」後半苦しみ伸び悩む アイアンショットには手応え

2020年1月25日 11時43分

松山英樹(AP)

写真

◇24日 ファーマーズインシュランスOP第2日(米カリフォルニア州ラホヤ、トリーパインズGC)

 松山英樹(27)=レクサス=は1イーグル、4バーディー、1ボギーの67と5つ伸ばし、通算4アンダーで首位に6打差の17位に上がった。トップは10打伸ばし、通算10アンダーにしたライアン・パーマー(米国)。今年初戦のタイガー・ウッズ(米国)は松山と同じ17位。小平智(30)=アドミラル=はカットラインに5打届かず予選落ちした。

 北コースを回った松山は、開始の10番パー5でグリーン右ラフからの寄せを直接入れてイーグルスタート。続く11番も3メートルを入れてバーディーと、好発進した。しかし、後半に入ると勢いがストップ。2番で10メートル以上のラインを3パットのボギーにし、その後も耐えるシーンの連続だった。

 「スタートからラッキーがあったが、バック9はうまくできなかった。最初がよくても、後半になると自信を持てなくなることがある」と、最近の傾向を分析。ただ、アイアンの切れは前日よりもよかったという。

 決勝ラウンドは、難しい南コース。「うまく調整できれば、南でも伸ばせる」と前向きに語り、パター練習を繰り返した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ