トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

金メダルだけじゃない五輪ならではの銀&銅メダルの争いも面白い!すごいスコアがきっと出る?優勝ラインは20アンダー[佐藤信人展望]

2020年1月2日 12時25分

昨年11月から世界ランキング10位以内をキープしている畑岡奈紗

写真

 東京五輪は、男女ともすごいスコアが出ると思います。会場の霞ケ関CCはコースが広く、距離もありません。グリーンもベント芝で転がらないので、ピタピタ止まります。パットを入れた人が勝つ、というイメージがわいてきます。優勝ラインは、4日間で20アンダーくらいまでいくのではないでしょうか。

 メダル争いに大きな波乱はないでしょう。米国からの出場は最大4人と、強豪が勢ぞろいするわけではありません。世界ランキング上位の選手が圧倒的に有利です。

 ただ、やはりトップ選手は海外メジャー大会を重視しているはずです。東京五輪は男子が全英オープン、女子がエビアン選手権の2週後に開催されます。五輪に対するモチベーションの差も、勝敗を分ける要因になるかもしれません。もちろん、猛暑に耐えられるかどうかもポイントです。

 五輪ならではの見どころもあります。ツアーの場合は首位が独走すると勝敗の興味が薄れますが、五輪では銀メダルや銅メダルの争いもあります。4年前のリオデジャネイロ五輪では、男子の銅メダルを獲得したマット・クーチャー選手(米国)が何ともいえないようないい表情をしていました。メダルを懸けたプレーオフが実現すれば、それもまた盛り上がるでしょう。(ゴルフ解説者)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ