トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

4冠シブコ「五輪へ、そして21年から米ツアーへ」世界を視野に

2019年12月18日 14時0分

年間最優秀選手賞を受賞した渋野日向子

写真

 今季の女子ゴルフ国内ツアーで活躍した選手らを表彰する日本女子プロゴルフ協会(LPGA)主催のパーティー「LPGAアワード2019」が18日、東京都内のホテルで開かれ、年間最優秀選手賞を受賞した渋野日向子(21)=RSK山陽放送=が最多の4冠に輝いた。

 表彰式には約400人の来賓が来場。黒のドレス姿で出席した渋野は「来季は東京五輪目指して頑張りたい。そして、21年から米ツアーへ行こうと思っているので、その準備もしたい」と来季への意気込みを話した。

 年間最優秀選手賞は、成績と出場実績をポイント化して総合的に実力を判断するメルセデスランキングの1位が受賞する。渋野はこのほか、社会貢献への姿勢や内面・外面で輝いている選手に与えられる資生堂アネッサ・ビューティー・オブ・ザ・イヤー、世界を舞台に顕著な活躍を見せた選手に与えられるLPGA輝き賞、記者会見などで最も印象的なコメントを残した選手に与えられるメディア賞「ベストコメント」部門を受けた。

 8月にはAIG全英女子オープンで優勝し、日本選手として42年ぶりに海外メジャー大会を制した。1977年の全米女子プロ選手権で優勝したLPGAの樋口久子顧問からは花束が贈られた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ