トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

2年連続賞金王にも顔が引きつっていた今平周吾「来年は3勝を」最終戦もあと一歩で優勝逃す

2019年12月9日 0時13分

2年連続賞金王に輝き、婚約者の若松菜々惠さん(左)とボードを持つ今平周吾

写真

◇8日 日本シリーズJT杯最終日(東京都稲城市・東京よみうりCC)

 2年連続賞金王になった喜びよりも、今季3勝目を逃した悔しさの方が大きかった。18番を痛恨のダブルボギーにした今平周吾(27)は、ぼうぜんとした表情でグリーンを後にした。

 17番までボギーなしの5バーディー。単独首位で迎えた18番をパーで終えれば、優勝も賞金王も一気に手に入るはずだった。だが、その18番はピン上1メートルのパーパットが4メートルオーバー。その返しも打ち切れなかった。「パーパットは強めに打ったら左に切れた。(安全に打って)プレーオフも考えたが、決めたい気持ちが強かった」と振り返った。

 初の賞金王になった昨季は1勝止まりだった。今季は2勝したが、いずれも荒天による短縮競技で、4日間フルに闘っての優勝はついに1度もなかった。勝ちきれない試合が多く、2位が5回。11月には2週続けて最終日の終盤に崩れて優勝を逃し、そして最終戦も同じシーンを繰り返した。「微妙にリズムの違いが出るのだと思う。常に平常心でいられるようにしないと」と反省した。

 それでも、複数年連続賞金王は過去に尾崎将司、青木功、中嶋常幸、片山晋呉の4人しか達成していなかった偉業。今平は最年少での達成だ。どんなコースでも対応でき、今季は10位以内が16回、予選落ちなしと、安定感は抜群だった。「来年は3勝を目指して頑張りたい。東京五輪も地元開催なので、ぜひ出たい」。この日の負けを糧に、来年は国内ツアー実力ナンバーワンの座をより確かなものにする。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ