トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

超有望ルーキー安田祐香がQTファイナル堂々の2位通過!! 来季はシブコとの激突に大注目「5年以内に米ツアーに」の野望も

2019年12月6日 18時34分

最終日、笑顔を見せながらスタートに立つ安田祐香

写真

◇6日 LPGAツアーQTファイナル最終日(埼玉県本庄市・こだまGC)

 注目の新人・安田祐香(18)は4日間通算12アンダーで2位通過。来季開幕戦から、プロとしての大活躍が期待される。平均ストローク69。安田が初出場のQTファイナル(最終予選会)を終えた。絶対にオーバーパーを打たない、抜群の安定感。トップ通過こそ逃したが、期待通りの数字を残して来季前半戦の出場権を手中に収めた。

 最終日最終ホールの18番パー4。グリーンエッジからの10ヤードを58度ウェッジでチップインのバーディーフィニッシュだ。 「寄ればいいかな〜と思ってたんですけど、そこに打ったらあとは転がってくれる、という狙い通りのところに落とせました」

 兵庫・滝川二高を卒業して大手前大に進んだ4月、オーガスタナショナル女子アマ3位、アジア太平洋女子アマで優勝。7、8月にはエビアン選手権、AIG全英女子オープンのメジャー2試合に出場し予選通過、11月プロテストに一発合格して、ファーストステージからこのQTに挑んだ。 「1年間30試合以上。その長丁場に持つ体を作らないといけない。約2ヵ月、トレーニングもして、腰回りなど弱いところを、ケガをしないよう強化したい」。ルーキーでも賞金女王争い参画すら期待される有望株。「5年以内に、米ツアーで戦ってみたい」と野望も語った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ