トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

首位スタート星野陸也「ベンツ、ほしいですねぇ。もらったら運転しまくりますよ」

2019年12月5日 18時21分

18番でティーショットを放つ星野陸也

写真

▽5日 日本シリーズJT杯第1日(東京都稲城市・東京よみうりCC)

 星野陸也(23)が65で回り、5アンダーで首位スタートした。

 「ベンツ、ほしいですねぇ。高級車乗りたいですよ。もらったら、運転しまくりますよ」。星野が心から熱望した。ツアー表彰のひとつであるトータルポイントランキングで、現在トップの今平に1ポイント差で2位。今季から同表彰のスポンサーにメルセデス・ベンツがつき、最終戦である今大会で逆転して1位になれば、ベンツSクラスがもらえる。現在は家族の国産車を移動に使っている星野にとって、モチベーションは高まるばかりだ。

 1番パー4で第1打をピン横2メートルにつけたのを皮切りに、ショットがさえて7バーディー、2ボギー。11月初旬までは賞金王争いにも絡める位置にいたが、体調不良で三井住友VISAを欠場。その翌週からも上位争いに絡めず、キング争いからは撤退せざるをえなかった。将来の米ツアー挑戦に備えて筋トレを強化するあまり、その加減を知らなかったのが原因だ。

 トレーニングがまったくできない週もあり、この半月で2キロ減って76キロになった。だが本人は「先輩たちから、休むことも大事だと言われた。いい勉強になった。これも人生のひとつ」とプラスに考えている。今週は気楽にプレーすることを第一に考えており、「難しいイメージのあるコースだが、いろいろチャレンジして打てた」と楽しそうだ。

 国内屈指の長距離砲らしく、ヘソが見えるほどシャツがまくれ上がる豪快なショットを連発した。「今週、しっかりゴルフをすれば、優勝もポイントもついてくる」。優勝の副賞も乗用車(国産)。一気に高級車“2冠”も可能だ。

 ◆トータルポイントランキング 選手の総合力を示す。平均ストローク、平均パット、パーキープ率、パーオン率、バーディー率、イーグル率、ドライビングディスタンス、フェアウエーキープ率、サンドセーブ率の9部門の順位をポイント換算し、その合計で順位を決める。JGTOが発足した1999年から採用され、過去に賞金王が1位になったのは8度だけ。今季からメルセデス・ベンツがスポンサーになり、1位者には賞金100万円とベンツSクラスが贈られる。現在、今平が144ポイントでトップ、星野は145で2位。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ