トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

これが渋野日向子の新たな“決めゼリフ”!? 激動の1年を締めくくる最終日を前に発した言葉とは…

2019年11月30日 21時6分

10番で、リンゴを食べながらコースを移動する渋野日向子

写真

30日 女子ゴルフ・LPGAツアー選手権リコー杯第3日(宮崎市・宮崎CC)

 前日まで首位と3打差の3位だった渋野日向子(21)=RSK山陽放送=が5バーディー、4ボギーの71と1打伸ばし、通算5アンダーとして、首位と2打差の3位で最終日に突入する。現在賞金ランク3位の渋野が逆転で賞金女王となるための絶対条件は優勝か単独2位。史上最年少の賞金女王へ向け「明日は本当に悔いのない一日にしたい。出だしから(カップを)ショートするようなことをせず、ピンを狙っていく」と、持ち前の強気な姿勢で挑むことを誓った。

 12月1日は激動の2019年シーズンを締めくくる最終日。「一瞬の喜びのために頑張ります!」。最後にこう言って、帰りの車に乗り込んだ。憧れのソフトボール・上野由岐子投手(37)=ビックカメラ高崎=の言葉「喜びって一瞬。でもこの一瞬のために365日努力している。それがアスリート」になぞらえたセリフだ。

 8月5日、真夏の真夜中にAIG全英女子オープンVで日本中を驚かせた。史上最年少女王、そして前人未到の「2週連続Vでの賞金女王決定」を達成して、再びシンデレラスマイルを日本中に振りまくはずだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ