トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

8打差26位と出遅れも「いい気分」過去2度の優勝を誇る申ジエは“逆転の方法”を知っている!?

2019年11月28日 21時15分

ホールアウト後、ハグする鈴木愛(左)と申ジエ

写真

◇28日 女子ゴルフ・LPGAツアー選手権リコー杯第1日(宮崎市・宮崎CC)

 今季国内女子ツアー最終戦。前週のシーズン4勝目で賞金女王への可能性を残した賞金ランク3位の渋野日向子(21)=RSK山陽放送=が1イーグル、1バーディーの70で回り、首位と3打差3位につけた。賞金ランク首位の鈴木愛(25)=セールスフォース=は72で10位、同ランク2位の申ジエ(韓国)は75で26位と出遅れた。2年ぶり3度目の大会制覇を狙うテレサ・ルー(台湾)が67をマークして首位に立った。

 大会2連覇で逆転賞金女王を目指す申ジエは、3オーバーとつまずいたが前を向く。「ショットは悪くなかった。ボギーは多かったけど、好きなコースなのでいい気分で回れた。まだ3日間ある。頑張っていいプレーをしたい」。2015年大会も制した相性のいいコース。「アグレッシブなプレーをすれば、いいバーディーがくる」。開き直りで吉を呼ぶ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ