トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

ひょっとしたらひょっとする賞金ランク5位の石川遼は3打差14位発進も「まだまだ」一時の不調は脱したが…

2019年11月28日 19時1分

冷たい雨の中で入念にスイングを確かめる石川遼

写真

◇28日 男子ゴルフ・カシオワールドオープン第1日(高知県芸西村・Kochi黒潮CC)

 賞金ランク1位で、次週の最終戦を残して今週にも2年連続賞金王が決まる今平周吾(27)が、74で2オーバーの84位。初日としては今季ワーストの出遅れとなった。首位は中日クラウンズを制した宮本勝昌(47)=ハートンホテル=で6アンダー。大会主催者が所属先である石川遼(28)=カシオ=は3打差の3アンダー、14位につけた。

 今月に入ってから2戦続けて予選落ちし、前週の後半にようやく復調のきっかけをつかんだ石川は、ボギーなしの3バーディー。ただ、本人は「まだまだ」といい、本調子とは言えないよう。「あまりバーディーチャンスをつくれず、耐えたという感じ。天候が違っても、スコアは同じだったかもしれない」と話した。同じ3アンダーでも、バーディー数を多くしたいという。賞金ランクは5位で、今平との差は6899万円。残り2連勝なら、わずかに逆転賞金王の可能性を残している。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ