トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

松山英樹「微妙な結果」たまった鬱憤は猛チャージで晴らす?首位に5打差逆転V虎視眈々

2019年11月23日 18時34分

5番でバランスを崩しながらリカバリーショットを打った松山英樹

写真

◇23日 ダンロップ フェニックス第3日(宮崎市・フェニックスCC)

 前日1番で9をたたいた松山英樹(27)=レクサス=はスコアを4つ伸ばして通算5アンダーにし、8位に浮上、首位を守った今平周吾(27)を5打差で最終日を迎える。

 松山は「今日はもう少し伸ばしたかった。微妙な結果。明日は爆発しないと勝てない」というが、猛チャージはお家芸だけに、逆転優勝の可能性は十分にある。

 今年の全米OP王者ゲーリー・ウッドランド、売り出し中のマックス・ホーマ(いずれも米国)と、くしくも米ツアーで闘う3人組でプレー。5番で第1打を左林に曲げたが、バランスを崩しながらリカバリーし、パーで通過。悪くなりそうだった流れを止め、6バーディー、2ボギーにまとめた。

 ショットの調子は「悪かったのが、ちょっと戻った」という。米ツアーで優勝できそうでできなかった試合が2戦続き、前日は1番で9をたたいた。そのたまった鬱憤(うっぷん)を晴らしそうな雰囲気が漂ってきた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ