トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

諸見里しのぶが‘’引退‘’に号泣 今季限りのツアー撤退を表明していた佐伯三貴とともに予選落ち

2019年11月22日 20時18分

お疲れ様、諸見里しのぶ

写真

 大会前に今季限りのツアー撤退を表明した諸見里しのぶ(33)=ダイキン工業=と佐伯三貴(35)=大和ハウス工業=が予選落ち。早すぎる‘’引退‘’にギャラリー、ツアー仲間たちが拍手と涙を贈った。

 諸見里の最終9番には上田桃子、有村智恵、原江里菜らの姿が。佐伯の最終18番脇には東北福祉大ゴルフ部の阿部靖彦監督が待ち構えて、松山英樹からの花束を手渡した。佐伯は「今日のゴルフが不甲斐なさすぎて絶対に泣けないと思ってたのに…」と涙。諸見里も「みんなの顔を見て、やっぱり1人じゃここまで来られなかった、と思ったら…」と号泣。いずれも完全引退ではなく、来季どこかで推薦出場の可能性もあるというが、ひとまずのピリオドを惜しむ声は多かった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ