トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

なんと木に3度直撃…松山英樹が国内自己ワーストの9をたたくも、4打差でV圏内

2019年11月22日 18時58分

国内ワーストタイの9をたたいた松山英樹

写真

◇22日 男子ゴルフ・ダンロップフェニックス第2日(宮崎市フェニックスCC)

 ツイてないのかツイているのか。松山がスタートの1番パー4で9をたたいた。ドライバーを右の林に入れ、リカバリーショットが木に当たってペナルティーエリアに入るプレーが2度続いた。7オン2パットで、9は国内戦で自己ワーストタイだ。

 「(第1打を含め)木に3回も当たるなんて、運が悪い。うまくいかなかった」。それでも、そこから4バーディー、3ボギーに収め、終わってみれば首位まで4打差と優勝圏内。「上が伸びなかった。ラッキー。明日はいいプレーをして(トップの)近くに持って行きたい」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ