トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

石川遼は3戦連続“予選落ち”危機「悪いショットは変わらない感じ」53位発進に悩み深く

2019年11月21日 22時1分

14番でドライバーを振る石川遼

写真

◇21日 男子ゴルフ・ダンロップフェニックス第1日(宮崎市フェニックスCC)

 米ツアーから帰国参戦の松山英樹(27)=レクサス=が66で回り、5アンダーで首位に2打差の3位と好発進した。7アンダーのトップは韓国の張棟圭(ジャン・ドンキュ)。賞金ランク1位の今平周吾(27)は1打差の2位につけた。2戦連続予選落ち中の石川遼(28)=カシオ=は74の3オーバーと奮わず53位。今季自身最終戦の尾崎将司(72)=IST=は腰痛のため途中棄権した。

 石川の不振が続いている。インからのスタート3ホールで2ボギーと出足からつまずき、後半は残り5ホールで4打落とした。ドライビングディスタンス(計測2ホールの平均飛距離)は294・5ヤードで全体の4位、日本人選手ではトップだが、アイアンの悩みが深く、3つバーディーを奪いながら4ボギー、1ダブルボギー。プレー後は「ショットは、いいときは先週よりいい感じだが、悪いショットは変わらない感じ。いいときはピンについていたが、悪いときは遠かった」。具体的な解決策が見つからないようで、笑顔はなかった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ