トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

またまた棄権のジャンボ尾崎が微妙発言「電撃発表で終わりってことだって…」現時点では現役続行も

2019年11月21日 21時51分

14番で第1打を右に曲げ、顔をゆがめるジャンボ尾崎

写真

◇21日 男子ゴルフ・ダンロップフェニックス第1日(宮崎市フェニックスCC)

 米ツアーから帰国参戦の松山英樹(27)=レクサス=が66で回り、5アンダーで首位に2打差の3位と好発進した。7アンダーのトップは韓国の張棟圭(ジャン・ドンキュ)。賞金ランク1位の今平周吾(27)は1打差の2位につけた。2戦連続予選落ち中の石川遼(28)=カシオ=は74の3オーバーと奮わず53位。今季自身最終戦の尾崎将司(72)=IST=は腰痛のため途中棄権した。

 インでスタートしたジャンボは14番でトリプルボギー。15番から3ホール連続でダブルボギーなど苦戦。12ホールを終えて棄権した。「体調とか本当に良くないけど、スポーツ選手としての体力が10あるとしたら(今は)1くらいしかない」と話した。

 今季は7試合に出場して2試合で予選落ち、5試合すべてで腰痛による途中棄権。「何とも言えないふがいなさだけど、トーナメントをやるための準備ができていなかった」と振り返った。来季については「オフにゆっくり考える。今の構想では春先の中日クラウンズ、秋口のANAとフェニックスの3試合は出ようと思っている」と、試合を厳選しての現役続行の意向を示した。

 その一方で「体、技、心の体がないよ。体がなけりゃ、あとはバラバラだ。ゴルフに対する情熱が、今までとだいぶ違う」と漏らし「電撃発表で終わりっていうことだってあり得る」と微妙な発言も。オフに熟考するジャンボが、どんな答えを出すか注目だ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ