トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

同伴メンバーすごすぎ…石川遼は苦笑 青木会長、樋口顧問とラウンド「一生の思い出」

2019年11月6日 17時2分

プロアマで青木功JGTO会長、樋口久子LPGA顧問らとラウンドした石川遼

写真

男子プロゴルフツアーのHEIWA PGM選手権が7日から4日間、沖縄県恩納村のPGMゴルフリゾート沖縄(7226ヤード、パー71)で開催される。開幕前日の6日はプロアマが行われ、選手会長の石川遼(28)=カシオ=はJGTOの青木功会長(77)、LPGAの樋口久子顧問(74)とラウンドした。

 男子で歴代2位の国内通算51勝(ツアー制施行の1973年以降)を挙げた青木会長、女子で歴代最多の同69勝を挙げた樋口顧問らと回った石川は「一生の思い出に残るラウンドでした。でも、プロ3人とアマ1人(大会名誉会長)のプロアマなんて…」と苦笑した。

 直近の2週は、日本ツアーとの共催を含め米ツアーの大会に出場。51位、67位と振るわなかったものの「スイング、ショット、精神面など、今まで見えなかったところがはっきり分かったことはうれしかった」と前向きに捉えていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ