トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

「死んじゃう〜」3度目挑戦の三浦桃香は“Jアラート”で痛恨チョロ「怖くなって」15位発進

2019年11月5日 20時26分

第1日、10番でマスクを着用してティーショットを放つ三浦桃香

写真

◇5日 LPGA最終プロテスト第1日(岡山県笠岡市JFE瀬戸内海GC)

 3回目の受験となる三浦桃香(20)=アウトソーシング=は1アンダー15位につけた。プリンセス・スペラル(フィリピン)が4アンダーで首位。4日間72ホールの上位20位タイまでが合格となる。

 4バーディー、3ボギーの71にまとめ合格圏内につけた三浦は、スタートから間もない3番パー3のティーショット時に思わぬアクシデントに見舞われたという。「Jアラート(全国瞬時警報システム)が聞こえたんです。私、地震かなと思ってメッチャ怖くなって…チョロしちゃいました」。その後、コース近くで流れた訓練放送だとわかったが「プロテスト会場で死んじゃう〜っと思った。1打1打集中してたのに、Jアラートには負けました」。そのホールはボギーにしてしまったが、まずまずの初日となった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ