トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

シブコに厳しい台湾の嵐 渋野日向子47位後退「イップスです…」

2019年11月3日 紙面から

ホールアウトし声援に応える渋野日向子。通算イーブンパーで47位=美麗華クラブで(共同)

写真

◇米女子ゴルフ台湾選手権

 【新北(台湾)共同】米女子ゴルフのスウィンギングスカート台湾選手権は2日、台湾の新北市の美麗華クラブ(パー72)で第3ラウンドが行われ、渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は4バーディー、5ボギーの73と落として通算イーブンパーで47位に後退した。74の横峯さくら(33)=エプソン=は63位。大会2連覇を狙うネリー・コルダ(米国)が2位から65をマークし通算18アンダーで首位に立った。

 「毎日、風が変わるので疲れる」と、渋野はため息交じりで引き揚げてきた。持ち味の積極性を発揮できず、6月の日本ツアー以来の2ラウンド連続オーバーパー。64を出した選手の存在を聞くと「レベル高すぎ」と笑うしかなかった。

 打ち下ろしとなるパー4の15番。左からの風の中、ティーショットは、前日に落としたカート道のさらに右に広がる花畑に飛び込んだ。何とかボギーで切り抜けたが「15番イップスです…」と表情を曇らせた。

 47位で最終日を迎える。東京五輪を見据えて世界ランキングを上げるために出場したが、米ツアーはやはり層が厚く、刺激は多い。「最終日は攻めのゴルフができるように」と切り替えを強調し、終盤に手応えをつかみつつあったパットの練習などを日が傾くまで続けた。 (共同)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ