トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

ウッズ待て! 松山英樹が懸命の追撃も…  少なすぎた6ホール 2位はキープ

2019年10月28日 16時4分

最終日、16アンダー単独2位でホールアウトもタイガーに追いつけずがっくりの松山英樹

写真

◇28日 ZOZOチャンピオンシップ最終ラウンド(千葉県習志野CC)

 ウッズとの3打差を追って残り6ホールしか猶予のなかった松山は「最低でも3つか4つ伸ばさないと勝てない」と心に決めて再開。だが、14番で1・5メートルの絶好機を逃したことで、その後もリズムに乗れなかった。

 16番をバーディーにして「まだ行けるかな」といちるの望みを抱いたが、自信を持って打った17番4メートルのバーディーパットはボール1個分ラインが違った。そしてイーグルしか許されない18番は、右バンカーからの第2打に3番ウッドを握ったが、グリーン左のバンカー、そこからの第3打は大きくピンを越えてグリーンの反対側へ。「打てる技術がない。寄ることも入ることもない」と唇をかんだ。

 「3打差で最終Rを迎えたら勝率100%」のウッズを止めることはできなかった。だが、最後までウッズに食い下がったのは、松山ただ一人。ショットの状態は決してよくなかったが、前戦の3位に続く2位で米ツアーのポイント争いは9位に上がった。次週のHSBC選手権(中国・上海)で、2年以上遠のいている米ツアー6勝目を目指す。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ