トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

ウッズが首位で前半終える ZOZOチャンピオンシップ

2019年10月27日 10時51分

第3ラウンドの前半を首位で終えたウッズ(写真は24日の第ラウンド時)

写真

 ゴルフの日米両ツアー共催大会「ZOZOチャンピオンシップ」は27日、千葉県印西市のアコーディア習志野CC(7041ヤード、パー70)で第3ラウンドが行われ、4月のマスターズ・トーナメントで復活優勝を果たした注目のタイガー・ウッズ(米国)は前半を4バーディー、1ボギーで終え、通算15アンダーで単独首位を守った。

 1番で約1メートルのパーパットを外し、ボギー発進となったが、3番パー3でティーショットを1メートル強につけると、4番では約5メートルを決めて連続バーディー。6、8番でもバーディーを重ねた。

 後半は10番がパー。11番では約3メートルのバーディーパットを沈めた。この時点で2位とは4打差。

 この日は午前6時30分から第3ラウンドを開始。引き続き、12時からペアリングを変更せずに第4ラウンドを行う。最終組は午後2時開始予定。全選手が第4ラウンドを消化できない場合は28日に続開する。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ