トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

渋野 第1打がギャラリーの"マッチョマン"直撃!フェアウエーに戻るアシストに「僕にも当てて」の声

2019年10月25日 20時18分

渋野日向子

写真

◇25日 マスターズGCレディース第2日(兵庫県三木市・マスターズGC)

 シブコが強靱なマッチョマンの好アシストを受けた。8時40分からの競技中断でスタートが2時間半以上遅れ、渋野日向子は12時51分ようやく1番ティー。思わぬアクシデントから始まった。

「当たりは悪くなくてちょっとフックして左に行った。ラフだと思って行ったら…」。ドライバーショットはロープ際にいた36歳男性ギャラリーの左胸を直撃。「ぜんぜん当たったと知らずにボールの近くまで行って、関係者の方に教えられた。でも当たった方が笑顔で大丈夫と言ってくださって。周りのお客さんから『僕にも当てて〜』なんて声も上がったりして、笑ってもらえてよかった」。渋野は、おわびにサインボールをプレゼント。それもそのはずだ。この男性の屈強な胸板のアシストでラフにつかまるはずの打球は、30ヤードほど前方のフェアウエーへ跳ねた。渋野は難なく第2打、第3打とつなぎ、2メートル弱のパットを沈めバーディー発進。この幸運を足がかりに9、10、12、14、15番でバーディーを量産した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ