トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

+3から−6!石川遼もタイガーチャージに鳥肌「どうやって戻したか分からない」

2019年10月24日 18時59分

9番でバーディパットを外し悔しがる石川遼

写真

◇24日 ZOZOチャンピオンシップ 第1日(千葉県印西市アコーディア習志野CC)

 前日のプロアマ戦では“吉兆”のアルバトロスを出した石川遼が、この日は2バーディー、ノーボギー。「結構タフなコンディションで、バーディーが少なく、バーディー以上にいいパーが拾えて、今日は我慢のゴルフでした」。特に(後半の)2、3、5、6番で2メートル以上のパーパットが残ったが、前週の最終日に今週のために替えた「エース(パター)が好感触」。ピンチをしのいだ。

 直前の組はウッズ。猛反撃のゴルフに「最初3オーバーだったのに、どうやって戻したか分からない。6アンダーと聞いて鳥肌が立った。ぞくっとした」と感嘆した。

 首位とは4打差。2日目以降に向けて「昨日まで準備してきたことが今日に発揮できているので、それをやっていくだけ」と、マイペースを貫く。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ