トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

松山英樹は「65」 地の利生かした  ウッズと1差3位スタート

2019年10月24日 15時37分

第1日 8番でティーショットを放つ松山英樹

写真

ZOZOチャンピオンシップ第1日

 男子ゴルフの日米両ツアー共催大会「ZOZOチャンピオンシップ」が24日、千葉県印西市のアコーディア習志野CC(7041ヤード、パー70)で開幕し、松山英樹(27)=レクサス=は7バーディー、2ボギーの65で回り、通算5アンダーで首位のウッズらと1打差の3位と好発進した。

 男子ツアーが日本で開催されるのは初めて。松山は6番まで4バーディー、ノーボギーの好内容で一時は単独首位に立った。7番のボギーで前半は3アンダー。後半も2つスコアを伸ばした。

 ラウンド後は「コースや芝を考えても日本なのでやりやすかった。いい位置にいると思うので、このようなプレーを続けられるようにしたい」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ