トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

台風19号の影響で13日も中止“2日目首位”今平周吾が2連覇で賞金ランク1位に浮上

2019年10月12日 16時22分

台風19号による中止で大会連覇となった今平

写真

 男子ゴルフのブリヂストン・オープン(千葉・袖ケ浦CC袖ケ浦C、賞金総額1億5000万円、優勝3000万円)は12日、台風19号の影響で第3日に続き13日の最終日も中止が決まった。これにより、第2日を終えて首位だった今平周吾(27)の大会2連覇が決定した。今季初Vでツアー通算3勝目。賞金ランクへの加算額は50%に減額されるが、2年連続賞金王に向け石川遼(28)=カシオ=を抜き1位になった。3位までには日米両ツアー共催のZOZOチャンピオンシップ(24〜27日、千葉・アコーディア習志野)の出場権が与えられ、今平のほか大槻智春(29)=真清創設=とS・ハン(米国)が資格を得た。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ