トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

渋野日向子、チャージならず「情けない。イライラ」面白くないゴルフだったけど…「応援はすごくうれしかった」

2019年10月6日 20時55分

最終日、14番でおにぎりを食べる渋野日向子

写真

▽6日 日本女子オープン最終日 津市・ココパリゾートC白山ヴィレッジGCクイーンC(6479ヤード、パー72)

 6打差6位から出た渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は1バーディー、1ボギーの72と伸ばせず、9アンダーで7位だった。

 最終日のシブコチャージはならず。6打差逆転に期待がかかった渋野はパットに泣いた。序盤からショットは好調で、再三バーディーチャンスにつけるものの、ことごとくパットが決まらず「情けないです。イライラしますね。せめて最後の18番だけでも入れたかった」と渋野。バーディーは14番での一つだけ。それも続く15番でボギーを献上して帳消し、というフラストレーション満載の一日だった。

 「面白くないゴルフでしたけど、今日もたくさん応援していただいて、すごくうれしかった」と今季最多を記録したギャラリーへ感謝。賞金レースでは1位を走る申ジエとの差が初めて1000万円を切り(858万7162円差)「もうちょっと上位に食い込みたかったのが本音だけど、差が縮まったなら…残り試合も頑張りたい」と気を取り直した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ