トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

シブコの親友「iKON」好き大里桃子が首位浮上「次は私が」同学年の祝勝会狙う

2019年10月5日 20時52分

第3日、14番でライン上にトンボが止まり笑顔を見せる大里桃子

写真

 ◇5日 日本女子オープン第3日(津市・ココパリゾートC白山ヴィレッジGCクイーンC)

 大里桃子(21)=伊藤園=が15アンダーにスコアを伸ばして畑岡奈紗(20)=森ビル=と並んで首位に浮上。「上がってみたらノーボギーで、スコアのことは考えていなかった。後半のアプローチがうまく寄ってくれて、耐えることができました」と喜んだ。

 1番ホールでバーディーを決め、波に乗った。最後の18番は2オンに成功。イーグルチャンスを逃したが、確実にバーディーを取ってこの日68で同学年の畑岡のスコアに並んだ。最終日は最終組で畑岡とラウンドする。

 いつも鼻歌を歌って緊張を和らげており、「iKON(アイコン)っていう韓国のグループのヒット曲『パーフェクト』を口すさんでますね。リズムが好きで、心が落ち着きます」と明かした。

 渋野日向子は親友で、9月末の下部大会で優勝した木下彩を加えた同学年トリオで、1日に木下のお祝いをしたばかり。「次は私がお祝いしてもらえるよう頑張りたい」と気合を入れた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ