トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

渋野日向子のSNSフォローしたら「返事が…恐れ多いです」"黄金世代"のアマ木村 好発進

2019年10月3日 23時51分

第1日、10番でティーショットを放つ木村太一。右端は小木曽喬

写真

◇3日 トップ杯東海クラシック第1日(三好CC西C)

 名古屋市出身のアマチュア、木村太一(21)=日大3年=が首位と2打差の7位につけた。

 好発進した木村は「パッティングがよく入ってくれた。スコアには大満足」とあどけない表情を緩めた。地元の名古屋市中村区出身。7月の日本アマチュア選手権では石川遼の弟・航らを退けて優勝した。

 父の洋さん(52)もトップアマで、2012年のこの大会では父のキャディーとしてコースを回ったことがある。女子ツアーを席巻する「黄金世代」と同じ1998年度生まれだが、「自分たちの世代でツアー優勝は考えにくい。女子はすごい」と一目置いている。

 5月の女子ツアーで渋野日向子が初優勝した時はSNSを通じて交流した。「全然知らないけど、フォローしたら返事があったんですよ。その後?恐れ多いです…」。来年の予選会(QT)に出場を予定している。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ