トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

シブコと同組・畑岡奈紗はどんどん攻める!「4日間で20アンダー出ないと勝てない」

2019年10月2日 18時29分

練習ラウンドでファンとの記念撮影に応じる畑岡奈紗

写真

 3日に開幕する日本女子オープンで、渋野と予選ラウンド2日間を同組で回る畑岡奈紗、柳簫然も、虎視眈々と優勝を狙っている。アマチュアでこの大会を制した16年、大会連覇の17年に次ぐ3度目のVを目指す畑岡は「グリーンが止まるので、どんどんピンを攻めていくゴルフになると思う。4日間で20アンダーぐらい出ないと勝てないのかなと思ってます」と、鼻息が荒い。

 一方大会連覇のかかる柳は「時差ボケはあるけどこの大会は好きな試合なので出たかった。グリーンの硬さ次第だと思うけど、15〜20アンダーは必要かな」と予想。初めて回る渋野に「飛距離が出て、楽しんでプレーしている印象。学べるところはどんどん学びたい。メジャーに勝ったら人生が一変する。何より大事なのは自分のままでいること。変わることなく謙虚でいること。自分を貫くことです」と、貴重なアドバイスも送った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ