トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

ファー!シブコの打球がギャラリー直撃 けがなくホッ、5アンダーで第2日終了

2019年9月21日 15時43分

第2日、2番で笑顔を見せながらラウンドを回る渋野日向子(左)と原英莉花

写真

 女子ゴルフツアーのデサントレディース東海クラシックは21日、愛知県美浜町の新南愛知CC美浜C(6437ヤード、パー72)で第2ラウンドが行われ、全英女王の渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は4アンダー、2ボギーの70で回り、通算5アンダーでホールアウトした。

 9番では打球がギャラリーの男性に当たるトラブルでボギー。「最近はギャラリーさんに打ち込みすぎて、申し訳ない気持ち。背中に当たったけど、けがはされてなかったので良かった」と神妙な表情だった。おわびに直筆のサインボールをプレゼント。男性は大喜びだった。

「どんだけ一緒…」原英莉花は渋野と2日連続同組、同スコア

 渋野と2日続けて同組で回った原英莉花(20)=日本通運=は4バーディー、1ダブルボギーの70で予選ラウンドを終えた。この日は黄色のポロシャツを着用。4番を3パットでダブルボギーとしたが、後半の14、15番で連続バーディーを奪うなど盛り返した。同じ黄金世代の渋野と2日連続で同じスコア。「きのうは私が最後にバーディーを取って、今日はシブコが最後にバーディーで同じスコア。どんだけ一緒なの、と思った」と笑った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ