トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

渋野日向子「ポンコツスコア」を自己分析 追い上げ33位も自身の弱みは…

2019年9月15日 19時48分

最終日、15番グリーンでラインを読みながら笑顔を見せる渋野日向子

写真

◇15日 女子ゴルフツアー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日(兵庫県三木市・チェリーヒルズGC)

 渋野日向子(RSK山陽放送)は通算1アンダーで33位だった。最終日は4バーディー、2ボギーの70で、今大会初の60台とはならなかったが、得意のバック9で3バーディー、ノーボギーと追い上げ、通算スコアもアンダーに戻した。「今週はバーディーを(数多く)取ってるわりにはスコアがポンコツなので、このラフの長さだったりすると自分はなかなかスコアが出せないんだなと勉強になった」と振り返った。

 生涯獲得賞金1億円突破は同学年の畑岡奈紗(森ビル)に先を越されたが「今季1億円突破の目標は早く達成したい。来週は優勝しなきゃ無理ですけど、頑張ってちょっと増やします」と、次戦のデサント杯東海レディース(愛知・新南愛知CC美浜C)への意欲を口にした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ