トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

畑岡奈紗が単独首位に躍り出た 「目標はトータル20アンダー」

2019年9月13日 20時49分

18番で第3打をグリーンに乗せ、ギャラリーの歓声に応える畑岡奈紗

写真

◇13日 女子ゴルフツアー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第2日(兵庫県三木市・チェリーヒルズGC)

 畑岡は“下馬評”通りの好プレーで7バーディー、1ダブルボギーの67。早くも単独首位に躍り出た。

 「いくつかあったピンチも切り抜けたし、14番のダブルボギーはもったいなかったけど、それ以外はよかったと思う」と畑岡。8番で残り95ヤードの第2打をあわやカップインかというスーパーショットでOKバーディーに仕留めるなど、11番までに5バーディー奪取。独走状態を築くかと思われたが、14番パー5でティーショットを左に引っかけペナルティーエリアへ。結局5オン2パットのダブルボギーとしたが、上がりの17、18番で3メートル半、2メートル半のチャンスをものにしてカムバック。持ち前のショット力を存分に披露した。

 勝てば09年大会で諸見里しのぶが作った23歳59日を大幅更新して、ツアー史上最年少メジャー3勝目を達成する。「目標はトータル20アンダー。明日どれだけ伸ばせるかがすごく大事になると思ってます」と、口元を引き締めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ