トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

渋野日向子「そのことだけ考えてた」ツアー新記録! 29R連続オーバーパーなし

2019年9月12日 19時49分

第1日を終え、上田桃子(左)と抱き合う渋野日向子(伊藤遼撮影)

写真

◇12日 女子ゴルフツアー・日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯第1日(兵庫県三木市・チェリーヒルズGC)

 女子ゴルフで8月のAIG全英女子オープンを制した渋野日向子(20)=RSK山陽放送=が12日、5バーディー、3ボギーの70で回り、首位と2打差2アンダー11位発進。6月ニチレイレディス初日からオーバーパーなしの連続ラウンドをツアー新記録の29に伸ばした。今月1日のニトリ・レディース最終日に、2013年のアン・ソンジュ(韓国)の最多記録に並んでいた。

 

 「今日はそのことだけ考えてた。今日だけはオーバーパーは打てないなと。あとはどうでもいいから、今日だけは頑張ろうと」。しかし、前半は苦戦。記録への意識が体を硬くしたか、練習ではよかったはずのショットが定まらない。2、4番で2つのボギーを先行。ギャラリーの携帯シャッター音にリズムを崩される場面もあった。それでも5番でフェアウエーバンカーからの第2打をピンそば1メートル半につけてバーディーを奪うと、続く6番パー3で4メートルのパーパットをねじ込んだ。「あれがキーポイントだったと思う」。渋野の代名詞の一つになった「バック9の強さ」はこの日も健在。11、14番で5メートル、16番で4メートルを沈めて、余裕を持って新記録となるラウンドを終えた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ