トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

シブコ、元世界ランク1位と同組に! 見せるぞ、パワー!

2019年9月10日 17時23分

リラックスした表情でラウンドする渋野日向子

写真

 12日に開幕する今季国内女子メジャー第2戦・日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯(〜15日、兵庫県三木市・チェリーヒルズGC、賞金総額2億円・優勝3600万円)。10日正午、予選ラウンド2日間のペアリングが発表され、注目の全英女王・渋野日向子(20)=RSK山陽放送=は元世界ランク1位の朴仁妃(パク・インビ、韓国)、上田桃子(33)=かんぽ生命=と同組になることが分かった。

 指定練習日2日目のこの日は、前日回らなかったインコース9ホールをラウンドした渋野。「昨日と同じ印象で、グリーン周りはやはり『剛(ごう)ラフ(深いラフ)』ですね。でもティーショットでフェアウエーキープできて、ショットがよかったら(バーディーが)ボコボコ出ると思うので…やっぱり4日間で20アンダー以上は行くんじゃないですか」とV争いのスコアを予想した。

 朴とのペアリングが伝えられると「ありがたいです。も〜、勉強、勉強という感じですね。え? インビさんってリオ五輪の金メダリスト? 平昌五輪では聖火ランナー?…そうなんですね。私もランナーやりたい。ただし距離は100メートルぐらいでいいけど(笑)」とシブコ節。

 『剛ラフ』対策は「いつもよりグリッププレッシャーを強めにする(しっかり握る)って感じぐらい」とのこと。握力50キロというシブコパワーを、オリンピアンにも見せつける。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ