トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

小林LPGA会長、来月の公式戦 今季第2戦で“シブコ・シフト”

2019年8月27日 紙面から

スマイルで練習ラウンドをする渋野=小樽CCで(松本一之撮影)

写真

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)は26日、東京都内で記者会見し、9月12〜15日、兵庫県で開催される国内公式戦(メジャー)第2戦の日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯(賞金総額2億円、優勝3600万円)に、渋野日向子(20)=RSK山陽放送=ら国内組に加え、米ツアー3勝の畑岡奈紗(20)=森ビル、同19勝で2016年リオ五輪覇者の朴仁妃(パク・インビ、韓国)、同10勝のフォン・シャンシャン(中国)が出場すると発表した。全英女王・渋野と畑岡、朴仁妃ら世界ランカーとのV争いが注目される。

 “シブコ・フィーバー”も最高の盛り上がりを見せそうだ。会場は彼女の地元・岡山の隣県。今季公式戦第1弾だったサロンパス杯(5月)でも優勝している渋野にとっては国内外メジャー3連勝も懸かる。前売り券4万8000枚は既に完売と混乱は避けられない状況にある。

 小林LPGA会長も「今週のニトリレディス(北海道・小樽CC)の様子なども見て、ギャラリー数に見合う施設などを準備しなければと考えている。メディア対応も広報部隊の人数を増やします」と早くも“臨戦態勢”だった。 (月橋文美)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ