トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

強運!?山路が好発進! 財布なくし登録間に合わずも欠場者出た!

2019年7月20日 紙面から

第1日、3アンダーで首位と3打差12位の山路晶=イーグルポイントGCで

写真

◇サマンサタバサ レディス<第1日>

▽19日、茨城県阿見町、イーグルポイントGC(6601ヤード、パー72)▽曇り時々晴れ、28・5度、南西2・4メートル▽賞金総額6000万円、優勝1080万円▽108選手(うちアマ2人)▽観衆2453人

 ツアー参戦1年目の山路晶(20)が3バーディー、ノーボギーの69で回り、首位と3打差の12位と好発進した。18日に財布を紛失し、手続きに追われたため出場登録できず一度は出場権を手放したが、欠場者が出たためスタート直前に出場が決定。1998年度生まれの黄金世代の一人がチャンスを生かし、ツアーを席巻する同年代の選手に続けるか。ツアー初勝利を目指す黄金世代の小祝さくら(21)=ニトリ=が66で回り、単独首位に立った。

 一度は諦めたはずのラウンドを、山路がすいすいとノーボギーで回った。「先週からショットが良かったし、ほとんどピンチもなかった。応援に来てくれた人もいたので、出られただけでもうれしかったのに…」

 コースから車で40分程度の茨城県笠間市内に在住。18日朝、コースに向かう途中に寄ったガソリンスタンドで財布を紛失した。入っていたのは1万円あまりの現金のほかキャッシュカード、クレジットカード、選手登録証、保険証など。カード会社への連絡や警察での手続きに追われ、午後5時までに必要な出場登録ができなかった。

 出場を断念したが、同日夜に電話で話した母から当日もウエーティングするように諭された。待っていたのは独りだけ。スタートの2時間前に運良く出場が決まった。

 この日のラウンド後までに財布が見つかったという連絡はない。知人からの借金で当座をしのいでいるが「カード悪用などの被害はないし、賞金で稼げばいい」と前向き。黄金世代はゴルフの強さだけではなく、立ち直りの早さも特徴のようだ。 (堤誠人)

◆98年生まれ「黄金世代」

<山路晶(やまじ・あきら)> 1998(平成10)年9月10日生まれ、仙台市出身の20歳。身長166センチ。8歳でゴルフを始める。宮城・東北高出身。昨年の予選会(QT)で34位となり今季のツアー出場権を獲得。今季は18試合に出場し、最高は前週のニッポンハムレディスの16位。獲得賞金は約660万円でランキング62位。家族は両親と兄が2人。父は東北福祉大野球部の山路哲生総監督。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ