トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

高橋、涙の2位… プレーオフで力尽きた

2019年6月24日 紙面から

プレーオフ1ホール目でバーディーパットを外した高橋彩華

写真

◇ニチレイレディス<最終日>

 黄金世代8人目の優勝者になるべく、1打差単独首位で最終日をスタートした高橋は「ドライバーとパター。去年から悩んできたものが、まだ直りきっていない。課題です。次はプレーオフをしないで、優勝したい」と、真っ赤に泣き腫らした目で振り返った。

 12、13番で連続ボギーがあったが、3人並んで迎えた最終18番では「100%の力でドライバー振って」2オン2パットのバーディーでプレーオフに進んだ。しかし、同じ18番でのプレーオフでは、ドライバーショットが左に曲がりバーディーならず。無念の2位となった。「朝から緊張していたけど、その中でも1番でバーディーを取れて、いい出だしだった。だけど9番で3パットして流れを悪くしてしまった…」と肩を落とすばかりだった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ