トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

浅地、母に贈る初V! マンデートーナメントからの快挙

2019年5月13日 紙面から

ツアー初優勝し妻の智子さん(左)とカップを掲げる浅地洋佑。(右)は母の伸子さん=総武CC総武Cで

写真

◇ダイヤモンド杯<最終日>

 ▽12日、千葉県印西市、総武CC総武C(7333ヤード、パー71)▽曇り、気温18・6度、北東5・1メートル▽賞金総額1億5000万円、優勝3000万円▽60選手(うちアマ5人)▽観衆2228人

 単独首位から発進した浅地洋佑(25)が1バーディー、2ボギーの72とスコアを落としながらも通算3アンダーで逃げ切ってツアー初優勝を挙げ、9年ぶり6人目となるマンデートーナメント(主催者推薦選考会)通過からの優勝者となった。1打差の通算2アンダー、2位にはマイカローレン・シン(米国)、この日68で追い上げたアマチュアの米沢蓮(19)=東北福祉大学2年=が入り、ローアマチュアに輝いた。

 緊張で体がこわばった。1打リードして迎えた最終18番グリーン。下りの軽いフックライン、2メートルのパーパット。「めちゃめちゃ(手が)震えた。クラブを持っている感じがなかった。タッチを合わせることだけを考えた」。ボールがカップに吸い込まれ、浅地がツアー本格参戦8年目にして悲願を達成した。

 母の日に「最高のプレゼント」(浅地)で、恩返しができた。これまで下部ツアーでは2勝を挙げているが、レギュラーツアーでは未勝利。2013〜15年の低迷期には「私生活も荒れていた。(プロを)やめようと思ったこともあった」と振り返る。そんな時も支えたのが、女手一つで育ててくれた母・伸子さん(64)だった。

 この日も応援に駆け付けた伸子さんは「びっくりするくらいうれしい。皆さんのおかげ。もう一生分のプレゼントです」と喜び、智子夫人(25)も「なんとか耐えて、と思ってました。とても格好良かったです」と笑顔を見せた。

 今年から今大会の優勝者には全英オープン(7月開催)の出場権が与えられる。目標を聞かれて「優勝と言ったらおこがましいので、予選通過です」。自身初のメジャー挑戦権を手にして、胸を躍らせた。 (櫛谷和夫)

<浅地洋佑(あさぢ・ようすけ)> 1993(平成5)年5月24日生まれ、東京都出身の25歳。169センチ、68キロ。6歳の時にゴルフを始める。2008年日本ジュニア(15〜17歳の部)に優勝するなどジュニア時代から注目を集めた。東京・杉並学院高では石川遼の2年後輩。11年にプロ転向。12年に賞金ランキングシード権を獲得。翌年に喪失し、しばらく低迷が続いたが、17年にシード復活。その間に下部ツアーで2勝。昨年8月に智子夫人と結婚した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ