トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

溝口がPO制し初V 濃霧で中止、POで決着つけた

2019年4月29日 紙面から

優勝杯を手に笑顔の溝口英二(PGA提供)

写真

◇富邦仰徳シニア<最終日>

 ▽28日、台湾・林口GC(6992ヤード、パー72)▽雨、気温21・3度、西北1メートル▽賞金総額4000万円、優勝720万円▽87選手(うちアマ6人)

 日本シニアツアーの海外開催試合。最終ラウンドが開始されたが、途中、濃霧によるコンディション不良でプレーを中断、その後回復が見込めないため中止となった。第2ラウンドの結果を最終順位とし、トップタイの溝口英二(54)と崎山武志(56)=アビバHD=によるプレーオフが行われ、2ホール目で崎山を下した溝口がシニアツアー初優勝を飾った。

 18番パー4を使ってのプレーオフ。2ホール目、2メートルのパーパットを沈めて崎山との一騎打ちを制した溝口は「良かったですね」と振り返った。愛知県豊明市在住で、シニア入りして5年目。シード権の獲得と喪失を繰り返してきた溝口に、待望のツアー優勝が舞い込んだ。「ずっと勝てないと思っていましたね。今週も優勝は全く考えてなく、少しでも賞金を稼いでという気持ちだった。(これで)来年も試合に出られる。そのチャンスがうれしい」と頬を緩ませた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ