トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

伊藤、エージシュート&大会レコードで首位発進

2019年4月19日 紙面から

◇ノジマCC<第1日>

 シニアツアー▽2日間競技▽18日、神奈川県箱根町、箱根CC(7036ヤード、パー72)▽晴れ、気温15・5度、東南東3メートル▽賞金総額5000万円、優勝1000万円▽66選手▽観衆454人

 予選会から出場の伊藤正己(63)=明智GC=が10アンダー、62で18ホールの大会レコードを更新するとともに、自身初のエージシュートを達成し単独首位に立った。5打差の2位には桑原克典(50)=ミズノ=ら3人がつけた。シニアデビュー戦の深堀圭一郎(50)=フォーラムエンジニアリング=は1アンダーの27位タイだった。

 最終18番で3・5メートルのバーディーパットを沈めて11バーディー、1ボギー。満面の笑みを浮かべた63歳の伊藤は「何がうれしいって、エージシュート。飛び上がるくらいうれしい。こんなことが起きるなんて、夢にも思わなかった」と、初体験に自身も仰天した。

 岐阜県出身。レギュラー時代は後援などで3勝もツアー競技は未勝利。06年のシニア入り後は8年間シードを守ったが、「ここ5年くらいは休養していまして…(笑)。お客さんとゴルフ」の状態だった。

 それでも毎朝約100発の球打ちとジム通いを続け、3月の最終予選会10位で今季ツアー切符を手にした。2位に5打差でシニアツアー初Vに王手。「簡単にいかないのは覚悟している。(好結果が)ついてくれば、万々歳」と、やる気満々だった。 (櫛谷和夫)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ