トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

何か持っている「3ずくめ」の女 服部真夕「全力で臨む」

2019年3月22日 紙面から

ラウンド見学ツアー参加者の子供たちと記念撮影をする服部真夕(中央左)と堀琴音(中央右)=大阪・茨木国際GCで(神代雅夫撮影)

写真

 国内女子ツアー第3戦・Tポイント×ENEOSトーナメント(賞金総額1億円、優勝1800万円)が22日から3日間、大阪府茨木国際GC(6219ヤード・パー71)で開催される。前週優勝の鈴木愛(24)=セールスフォース=が2週連続V&大会連覇を目指すほか、アマチュアの安田祐香(18)=兵庫・滝川二高=らに注目が集まる。

 服部真夕(31)=朝日インテック=は、これが今季ツアー初戦。プロテストに合格した2007年以来11年連続で保持してきたシード権を初めて逸し、ファイナルQT(予選会)も95位に終わったため、今季は当面レギュラーツアーの出場資格がない。今大会は主催者推薦での出場だ。

 「今までにないシーズン開幕。来週は生まれて初めて(下部の)ステップアップツアー開幕戦に出ます。出していただく試合はとにかく全力で臨んでいきたい」と服部。自身の誕生日だった3月3日には、沖縄で行われたツアー外の2日間競技で最終日を33(悪天候のため9ホール短縮)で回って優勝、300万円を獲得し「3ずくめ。やっぱり何か持ってる」と周囲をざわつかせている。

 1月からチョ・ボムスさんに師事、イ・ボミや黄アルムとタイ合宿を行って調子が上々の服部は「今週のグリーン周りは、私のユーティリティーでのアプローチが奏功するかも」と前向きに語った。 (月橋文美)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ