トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

松山、絶不調も開き直って5アンダー24位

2019年2月3日 紙面から

第2ラウンド、7番でティーショットを放つ松山英樹。通算5アンダーで24位=TPCスコッツデールで(共同)

写真

◇フェニックスOP<第2日>

 ▽1日、米アリゾナ州スコッツデール、TPCスコッツデール(7261ヤード、パー71)▽晴れ、25度、南5メートル▽賞金総額710万ドル、優勝127万8000ドル▽131選手

 【スコッツデール(米アリゾナ州)テッド・ムース】松山英樹(26)=レクサス=は5バーディー、3ボギーの69と2つ伸ばし、通算5アンダーで24位に上げたが、首位との差は8打に広がった。小平智(29)=アドミラル=は70、通算1アンダーで64位となり、ぎりぎりで予選を通過。出場3戦ぶりに決勝ラウンド進出が決まった。リッキー・ファウラー(米国)が通算13アンダーに伸ばして単独トップに立った。

 10番から開始の松山は前半、ショットもパットも安定しなかった。特にパッティングの距離感に苦しみ、3パットが3回(グリーン脇から含む)。あまりの不調に、18番は「これで失敗したらもうドライバーは持たない」と、自分を追い込んでティーイングエリアに立ったという。

 だが、開き直ったこの一打は会心の当たり。フェアウエーど真ん中、332ヤードをたたき出した。第2打をピン下2メートルにつけてバーディー。これで流れに乗り、後半はボギーなしの3バーディー。2番は1・8メートルを沈め、3番パー5はバンカーから30センチに。6番パー4はバンカーから残り150ヤードを9番アイアンで3メートルにつけた。

 ただ、盛り返したとはいえ、全般的には好調とはいえない内容に、本人は不満顔。「昨日に比べたら少し良かった部分はあるが、(3位になった)先週の感じは全然ない。ドライバーもアイアンも…」と気持ちは晴れない。

 過去2度優勝の得意コースにもかかわらず、首位との差は開いた。昨年の優勝スコアは18アンダーだった。今年は風が穏やかだけに、さらにスコアが上がることも予想される。「明日、あさって伸ばさないと優勝のチャンスはない。あまりにも調子が悪いので、練習する気も出ない」と話したが、食事をした後は練習場に向かった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ