トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

国内男子のフューチャーツアー 昨年より2試合増の6試合開催

2019年2月1日 紙面から

記者発表会に参加した(左から)藤田寛之、石川遼、郷ひろみ、芹沢信雄=東京・赤坂の東京ミッドタウンで

写真

 国内男子ゴルフの活性化を目的に昨年から行っているフューチャーツアーの今年の開催概要が31日、東京都内で発表された。記者会見には提唱者でもある選手会長の石川遼(27)=カシオ、歌手で応援サポーターの郷ひろみ(63)らが出席。石川は「ファンやゴルファーが増えて、ゴルフ場を活気ある明るい場所にしたい」と抱負を語った。

 同ツアーは大相撲の地方巡業のような位置付けで、プロ20〜30人が2日間で競う。賞金ランクには加算されない。2日目には地元のジュニア選手やトップアマも一緒に回り、プロのプレーを間近で見てもらう。

 今年は2試合増の6試合程度が計画され、うち4試合をアパレルメーカーのTSIグルーヴアンドスポーツが展開するブランド「パーリーゲイツ」を冠スポンサーに行う。レギュラーツアーなどを統括する日本ゴルフツアー機構(JGTO)の協力も決まった。

 趣旨に賛同してサポーターを引き受けたという郷は「自分にできることは、いろんな方と触れ合うこと。プロアマ戦があれば、できるだけ参加したい」と意欲的。早速石川らにドライバーの飛距離を短期間で伸ばす秘策を尋ねていた。

 会見にはこのほか、パーリーゲイツ契約プロの芹沢信雄、藤田寛之も参加した。TSI関係の4大会は次の通り。▽4月5、6日 千葉・太平洋C成田C▽同26、27日 静岡C浜岡C▽6月21、22日 兵庫・よみうりCC▽8月2、3日 北海道ブルックスCC

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ