トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

4回転3発で逆転優勝のトルソワ 会見には愛犬抱いて登場した15歳

2019年11月17日 12時9分

愛犬を抱いて会見したトルソワ(中央)

写真

◇16日 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯(モスクワ)

 地元でも最大の武器をきっちり決めた。最終12番滑走、SP2位で登場した15歳のトルソワが強さをモスクワのリンクでみせつけた。SPで2・72点差をつけられたメドベージェワを4回転ジャンプを3本成功させて逆転。演技後には満面の笑みを浮かべていた。

 「試合に勝つことができて、ハッピーです」

 愛犬を抱いて姿を見せた公式会見では、少しはにかみながら質問に答えた。しかし、リンク上での動きは圧倒的。冒頭の4回転サルコーは転倒して失敗となったが、続いて4回転ルッツを成功。3・45点の出来栄え点を加点してカバーした。

 これで波に乗ったトルソワ。試合会場を揺るがす大歓声の中で4回転トーループ―3回転トーループの連続ジャンプを着氷させると、後半にも4回転トーループからの3連続ジャンプも成功。自身と同じくエテリ・トゥトベリゼコーチに師事するアリーナ・ザギトワやアンナ・シェルバコワがスタンドで見守る中、圧巻の演技を見せ続けた。

 第2戦・スケートカナダ(ケロウナ)に続いて第5戦の今大会も優勝。GPファイナル切符をもぎとった。しかし満足感はない。「今日はミスもありました。これからもハードに練習していきたい」。熾烈(しれつ)なロシア勢同士の争いに勝ち抜くため、さらに技術を磨いていく。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ