トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

宇野昌磨と一問一答「収穫というより確認。練習でいい演技ができたことを試合で確認できた」

2019年11月16日 22時30分

宇野昌磨(AP)

写真

◇16日 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯(モスクワ)

―面白いミスが出た

 宇野「最初の(4回転)サルコーで失敗してこけた時に靴の中で左足の位置がずれて、『このままやっても跳べない』と思っていたら2本目のジャンプをスルーしていました。笑いながら『どうしよう…』と考えていたら、意外と後半がまとまっていました」

 ―他のジャンプは練習通り跳べたのか

―他のジャンプは練習通り跳べたのか

 「形としてはあのスルーに救われた形。本来ならやっちゃいけないことなんですけど、気持ちの切り替えになりました」

―最後に4回転トーループをいく勇気があった

 「失敗しても点数が残るというのがあったので…。トーループをやるのが安全かなと思った。単発のつもりでした」

 ―今大会は収穫があったのか

 「収穫というよりは確認ですよね。練習でいい演技ができたことを試合で確認できた。練習が無駄にならなかったし、生きた試合になったと思います」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ