トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

SP4位も宇野昌磨に明るさ戻った!!「めちゃめちゃホッとしました」完全復活へ「気持ちってすごい」

2019年11月15日 22時40分

ロシア杯SPで演技する宇野昌磨(AP)

写真

◇15日 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯(モスクワ)

 男子ショートプログラム(SP)が行われ、GP第3戦フランス杯で8位だった宇野昌磨(21)=トヨタ自動車、中京大=は87・29点で4位だった。冒頭の4回転フリップで転倒すると、続くトーループの4回転−2回転の連続ジャンプ、フランス杯では3度も転倒したトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は決めたが、今季自己ベストの92・28点には届かなかった。1位はサマリン(ロシア)の92・81点、友野一希(同大)は80・98点で7位だった。以降は演技後の一問一答

 ―演技後の表情がホッとしたように見えた

 宇野「めちゃめちゃホッとしましたよ。(4回転)フリップを失敗してもその他のジャンプをまとめるのが課題だった。ショートではちゃんとできたのかなと思います」

 ―収穫があった

 「収穫というか、確認ですよね。前回たくさん失敗しているのもあってそんなに失敗を恐れるというわけではなくて…。当たり前のことを当たり前にやるのは難しいことなので、それをできたことはホッとしています」

 ―やっぱり、気持ちの問題だったのか

 「気持ちってすごいですよね」

 ―どん底から少しはい上がったような感じか

 「(フランス杯が)本当にどん底だったので。(今回は)まだましではありましたけど…。フリップに関してはできるようになる自信はあるので大丈夫と思います」

 ―ロシアの観客の応援もすごかった

 「熱意を感じる応援を練習から受けましたね」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ