トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

宮原知子&横井ゆは菜&白岩優奈の日本勢が試合当日の公式練習参加 宮原は好調維持「想像していたよりいいのかな」

2019年11月15日 19時31分

宮原知子 

写真

15日 フィギュアスケート・グランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯(モスクワ)

 女子ショートプログラム(SP)に出場する宮原知子(21)=関大=ら日本勢3人がモスクワの試合会場で行われた試合当日の公式練習に参加した。

 最初に登場したのはGPシリーズ初出場の横井ゆは菜(19)=中京大。第1グループで姿を見せると、SP曲に乗って3回転フリップ―3回転トーループの連続ジャンプなど3本のジャンプをすべて着氷。14日に「少しでも自分を印象づけたい」と話していたが、“悪女”がテーマの演技に拍手がわき起こった。

 第2グループでは第3戦・フランス杯9位の白岩優奈(17)=関大KFSC=が登場。SPの曲かけ練習では冒頭の3回転ルッツで転倒したが、その後のジャンプは成功。「自信を持って挑めたら」という決意通りの練習ができたのか、終了後には笑みもみせた。

 一方、第2グループの最後でSPの曲かけ練習を行った宮原は途中のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)を回避したものの、ルッツ―トーループ、ループの3回転ジャンプは成功。今大会は2位に入った中国杯からの連戦になるが、「2週連続の試合も想像していたよりいいのかな」と話していた通り、好調をキープしているようだった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ