トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

[フィギュア中国杯]田中刑事はSP7位「攻めることが全然できなかった」首位は地元中国の閻涵

2019年11月8日 22時19分

田中刑事(AP)

写真

◇8日 フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第4戦中国杯(重慶)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、中国杯は8日、中国の重慶で開幕。男子ショートプログラム(SP)は、GPシリーズ第2戦・スケートカナダ(ケロウナ)で3位に入った田中刑事(24)=倉敷芸術科学大大学院=が74・64点で7位スタートとなった。首位は86・46点を挙げた閻涵(中国)だった。

 7番滑走で登場した田中は、冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は成功させたが、続く連続ジャンプで試みたトーループが3回転―2回転となって、出来栄え点で0・48点の減点。最後の3回転ルッツを決めてカバーしたものの、得点はスケートカナダのSPでマークした80・11点を5・47点下回った。

 首位とは11・82点の大差がついた田中はさすがに厳しい表情。終了後に「もう一度やり直したいぐらいよくなかった。攻めることが全然できていないショートでした」と反省の弁を口にすると、「今日できなかったことをやるしかないと思います」と9日のフリーでの巻き返しを誓っていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ